葉巻百貨<キューバ産・ドミニカ産・ホンジュラス産などの一般シガー>

「酒とシガーはビジネスのパスポート!」と言われる程、これまで世界中の偉人達が創りだした物語の中では、必ず酒とシガーが脇を固めています。このパスポートをあなたのブランディングスキルに、或いはあなたがこれから創る物語の脇役に加えていただければ光栄です。
<< GRIFFIN`S(グリフィン) | main | PARTAGAS(パルタガス) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
H・UPMANN(H・アップマン)
ヘルマン・アッブマンはヨーロッパの銀行家一族の一員で、大のシガー愛好家だった。このため、1840年前後、彼が自ら志願してハバナに銀行の支社を開いたのも驚くべきことではない。本国に送ったシガーが大変好評だったため、彼は1844年に、とあるシガー工場に出資した。会社は銀行業でもシガー製造業でも順調にいっていたが、1922年にまず銀行が、次いでシガー事業が破綻した。そこでJ・フランコウというイギリスの企業がシガー部門を救済して工場を運営したが、1935年には新たに創設されたメネンデス・イ・ガルシア社がこれを買い取った。


1944年、ヘルマンが会社を創設してから100周年を記念して、オールド・ハバナのカーレ・アミスタッドにH・アッブマンの新工場がオープンした。H・アッブマンのシガーは2003年までこの工場で生産されていた。
ハバナ産アッブマンは、マイルド〜ミディアムの非常に繊細で滑らかなシガーだ。全般的に満足のいく出来だが、一部の機械製では作りや燃え方に問題があり、過熱して若い後味を残すものもある。しかし初心者向けとしては良いシガーで、軽い食事の後にも適している。キューバ産アッブマンには30種類以上のサイズが存在し、その中にはほとんど同じようなものも少なくない。一部のサイズはチューブ入りで販売されているが、この中には機械製のものも含まれるので注意が必要だ。ただし、イギリスには手作りのものしか輸入されていない。


アッブマンの名前を冠したハンドメイド・シガーは、ドミニカ共和国のコンソリデーテッド・シガー社でも生産されている。これらにはカメルーン・ラッパーと中南米産のフィラーが使われている。ラッパーには通常、オイリーなコロラドで、マイルド〜ミディアムのなかなか良いシガーだ。作りもしっかりしている。コロナ・インペリアレス、ロンズデール、コロナ、ペティ・コロナ、チャーチルなどのサイズは12本入りボックスで販売され、6サイズはチューブ入りでも売られている。ドミニカ産アッブマンのラベルには「H.UPMANN1844」と記され、一方キューバ産アッブマンには「H.UPMANN HABANA」と書かれている。


ちなみにケネディ元大統領がアッブマン好きであったことはあまりにも有名な話しだ。
| シガー・カタログ | 18:34 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 18:34 | - | - |











CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS