葉巻百貨<キューバ産・ドミニカ産・ホンジュラス産などの一般シガー>

「酒とシガーはビジネスのパスポート!」と言われる程、これまで世界中の偉人達が創りだした物語の中では、必ず酒とシガーが脇を固めています。このパスポートをあなたのブランディングスキルに、或いはあなたがこれから創る物語の脇役に加えていただければ光栄です。
<< PARTAGAS(パルタガス) | main | FONSECA(フォンセカ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
HOYO DE MONTERREY(ホヨー・ド・モントレー)
サン・フアン・マルティネスのブエルタ・アバホ村の広場を見下ろす位置に、「ホヨー・ド・モントレー:ホセ・ジェナー1860」という文字が刻まれた、古びた鋼鉄の門がある。この門の先にあるのは、キューバで最も名高い「ベガス・フィナス」(太陽の下で育てられるバインダー及びフィラー用のタバコ畑)だ。ホセ・ジェナーは、この場所の一等地(ホヨーとは地面がくぼんだ部分のことで、水はけが良いとして農民に好まれる)でタバコ栽培農夫としてキャリアをスタートさせ、やがて1865年にホヨー・ド・モントレーを創設した。


ホヨー・ド・モントレーのトレードマークであるダブル・コロナは、シガー愛好家の間では貴金属をはるかに上回る価値を持ち、友情の証として取引される以外に出回ることはない。その繊細な風味と豊かな味わいは、ラ・コロナ工場のブレンダーやローラーの技術の賜だ。しかし、機械製を含むホヨー・ド・モントレーのほかのサイズは、ダブル・コロナにはおよばないと感じられるかもしれない。これはある部分では真実だが、エピキュアNo.1及びNo.2、中でも50本を束にしたものは例外だ。ジノ・ダビドフが当初ホヨー・ド・モントレーのキャビネット・セレクション・スタンダード・サイズをもとにシャトー・シリーズを作り出したことも忘れてはならない。ダビドフがスイスで成功を収めると、ライバルのシガー・ショップのアイデアにより、1970年にル・ホヨー・シリーズが誕生した。このシリーズはよりスパイシーでどっしりした味わいを持つ。


しかしこれも、同じ名前を持つホンジュラス産シガー・ブランドの前では見劣りしてしまう。ホンジュラス産ホヨー・ド・モントレーは作りの面ではやや欠けたところがあるものの、味の素晴らしさはそれを補って余りある。中でもロスチャイルドやガバナーといった直径の太いサイズは、いわばシガーの「エスプレッソ」と言うべきものだ。これらを作っている人々は、明らかにタバコそのものの味を重視しているのだろう。


ホンジュラス産ホヨー・ド・モントレーのスタンダード・ラインを、エクスカリバー・シリーズと混同しないように。これらは、アメリカではホヨー・ド・モントレー・エクスカリバーという名前で販売されているが、ヨーロッパでは商標上の理由から単にエクスカリバーとして売られている。エクスカリバーは一応最高級のシガーで、味わいもスタンダード・シリーズとはかなり異なる。
| シガー・カタログ | 18:36 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 18:36 | - | - |











CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS