葉巻百貨<キューバ産・ドミニカ産・ホンジュラス産などの一般シガー>

「酒とシガーはビジネスのパスポート!」と言われる程、これまで世界中の偉人達が創りだした物語の中では、必ず酒とシガーが脇を固めています。このパスポートをあなたのブランディングスキルに、或いはあなたがこれから創る物語の脇役に加えていただければ光栄です。
<< ROMEO Y JULIETA(ロメオ・Y・ジュリエッタ) | main | ZINO(ジノ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BOLIVAR(ボリバー)
19世紀のベネズエラの英雄で、南米の多くの地域をスペインの支配から解放したサイモン・ボリバー(シモン・ボリバル)の肖像をあしらったボリバーのラベルとボックスは、ハバナのシガー・ブランドの中でも一目でそれとわかる特に有名なデザインだ。一時期、ボリバーはハバナ・シガーの中で最も小さいデカルトというシガーを生産していた。さらには、ウィンザー城にあるイギリス王室の子供部屋のドールハウス用に、ミニチュア・シガー・ボックスを作ったこともある。ボリバーは、1901年にロチャ社によって設立された。 ボリバーには20種類ほどの製品が存在するが、その中には機械製のものも多いため、特価品を見つけだしときには特に注意が必要だ。ハンドメイド・サイズは19種類ある。ボリバーはハンドメイドのキューバ・シガーの中では最も安い部類に入るため、非常に強い味わい(ボリバーはハバナ・シガーの中でも最も強力なフルボディの味が特徴)が好みに合うならお買い得と言えるだろう。決して初心者向けではないが、年季の入ったシガー・ファンの中にはボリバーを好む人が多い。濃い色のラッパーを使用するボリバーは、熟成とともに味が良くなる。おすすめはロイヤル・コロナ以上の大型サイズで、これらは香りが強く、しっかりした作りで吸い込みや燃え方も均一だ。トルピート形のベリコソフ・フィノスはどっしりした食事の後によく合い、愛好者が多い。一方、まろやかな味わいのロイヤル・コロナ(ロブスト)はランチの後に最適なシガーだ。ペティ・コロナはすべてのシガーの中でも最もフルボディなものの一つ。また限定量のみ生産されているパルマス(パナテラ)は、このサイズのシガーに軽さを期待する人は避けるべき。ボリバーの特徴的な味わいの原因は、リヘロが特に多く含まれているためと考える人がいるさもしれないが、そうではない。これはボラードよりもセコが多くブレンドされているためだ。


ボリバーにはドミニカ産のものも存在する。これらはあまり有名ではないが、カメルーンのラッパーを使ったマイルド〜ミディアム・フレーバーのシガーで、値段の割に質も高い。ドミニカ産ボリバーは5種類のみ。
| シガー・カタログ | 20:36 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 20:36 | - | - |











CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS