葉巻百貨<キューバ産・ドミニカ産・ホンジュラス産などの一般シガー>

「酒とシガーはビジネスのパスポート!」と言われる程、これまで世界中の偉人達が創りだした物語の中では、必ず酒とシガーが脇を固めています。このパスポートをあなたのブランディングスキルに、或いはあなたがこれから創る物語の脇役に加えていただければ光栄です。
<< CAOLILA(カリラ) | main | THE GLENLIVET(ザ・グレンリベット) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
LAPHROAIG(ラフロイグ)
これは最も薬品のようなモルトである。病院のガーゼの臭いがするというべきか?薬品くさく、口内洗浄剤や消毒薬を思い起こさせるのだろうか?すなわち、ヨード香がして、海草のようなアイラ独特の個性である。



この有名なラフロイグのアタックは、近年若干弱くなっているが、その結果、モルトが本来もっている甘さは、よりはっきりとしたものになっている。しかし、それでもなお、個性豊かなウイスキーであり、他とははっきり異なるオイリーなボディをもっている。ラフロイグは、アイラ島に自らのピート採掘場を所有しており、キルブライド川に自らのダムがある。そして、蒸留所でフロアモルティングを行い、比較的小さなスチルをもっている。その熟成庫は海に直接面している。



この蒸留所は、1820年代にジョンストン家によって建てられ、その家系の名前は依然としてラベルに印刷されている。1847年に、創業者が造りかけのウイスキーの大樽の中に落ちたあとに亡くなった。1950年代後半から1960年代前半まで、ミス・ベッシー・ウィリアムソンという女性によって所有されていた。この女性は、壁に掛けられた肖像写真から判断すれば、魅力的な婦人であったと思われる。この地のロマンスに因んで、蒸留所の中では時々結婚式が行われるほどである。蒸留所の一部は村の公民館としても利用されている。
| モルトA to Z | 18:21 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 18:21 | - | - |











CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS