葉巻百貨<キューバ産・ドミニカ産・ホンジュラス産などの一般シガー>

「酒とシガーはビジネスのパスポート!」と言われる程、これまで世界中の偉人達が創りだした物語の中では、必ず酒とシガーが脇を固めています。このパスポートをあなたのブランディングスキルに、或いはあなたがこれから創る物語の脇役に加えていただければ光栄です。
<< LAPHROAIG(ラフロイグ) | main | GLENFIDDICH(グレンフィディック) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
THE GLENLIVET(ザ・グレンリベット)
2001年のウイスキー業界の大きな買収における、輝かしい賞品は、スコットランドで最も有名なウイスキーの谷にあるこの蒸留所だった。この谷は、スペイ川に流れ込むリベットという川の谷である。生産地域の中でもリベット谷は山々の一番奥深いところにある谷で、そこを流れる水は、しばしば何マイルも地下を流れる。山岳地帯という環境もまた、ウイスキー蒸留業者が好む天候をもたらす。蒸留が進行している間、冷却器が最も効率よく機能するのは、非常に冷たい水によって冷やされ、なおかつそれにマッチした気候のときである。この地域で造られるモルトウイスキーは、比較的ライトだが、非常にクリーンで、花のような風味があり、繊細、そしてエレガントである。



リベット谷の名声には歴史的な起源もある。それは、ローランド地方とハイランド地方の蒸留に異なる法律と関税が適用されていた時代のことである。大都市に近いローランドのディスティラーたちは合法的な事業として扱われていた。しかし、大都市から遠く人口がまばらなハイランドは、谷ごとに非合法の蒸留所や密輸業者がいると見なされていた。リベット川の谷は密造酒造りの巣窟として有名であった。1824年の合法化の後は、かの伝説的な「グレンリベット産」のスビリットは、南のほうにあった都市の商人たちの間での需要が高かった。



この谷からあまりに遠い数々の蒸留所は、グレンリベットがスペイサイドと同義語であるかの印象を与えるようにこの谷の地名を使ったが、このような名前のつけ方は、シングルモルトに対する関心が高まり生産地の問題に注意が集まるにつれて、次第に廃れていった。谷の(そして、おそらくスコットランドで)一番高いところにある蒸留所は、現在ブレイヴァルと呼ばれている。最近まで、ブレイズ・オブ・グレンリベットと呼ばれていた。この蒸留所は蜂蜜っぽく、オレンジピールっぽいウイスキーを造る。少し低地に行くと、タムナヴーリンがあり、そこのモルトはとくにライト・ボディである(ただし、丘をちょうど越えた隣のエイボン渓谷にあるトミンタウルのウイスキーの方がよりライトな味である)。 この地にある1つの蒸留所だけが、ザ・グレンリベットと名乗ることが許されている。これは政府公認になった最初の蒸留所であり、今や国際的な評判を得ている。「ザ」と定冠詞をつけることは限定され、ザ・グレンリベット蒸留所を所有しているシーバスのオフィシャル・ボトリングだけに表示されるようになっている。そのようなボトリングは、最初にこのビジネスを確立した父と息子に言及して、「ジョージ&J.Gスミスによる蒸留」とラベルの最下部に小さい文字で表示されている。


マクゴウワン(McGowan)のような典型的なスコットランド人の名前におけるように、「ゴウ」と発音されるゲール語の「gobha」は、スミスと訳される。一説では、ゴウ家はボニー・プリンス・チャーリーを支援していたために、後に自分達の名前をスミスに変える方が政治的に安全だと考えたということであるが、この解釈には疑問の余地がある。



ゴードンこうしゃくがウイスキー蒸留業者を合法化するよう提案した時、認可を申請した最初の人物は彼の小作人の1人であり、すでに密造ウイスキーを造っていたジョージ・スミスであった。彼の息子であるジョン・ゴードン・スミスは父親を助けて後を継いだ。近接する2つの敷地で蒸留した後、1858年にスミス一家は現在地である、リベット川とエイボン川の合流点に近いミンモアに移った。蒸留所は、草の茂る渓谷が山々のほうに向かって険しく傾斜し始める地点に建っている。



1880年、「ザ・グレンリベット」は他では使えない名称として法的に認められた。会社は1953年まで独立していたが、同年にグレン・グラントと同じ所有者の傘下に入った。1960年代、かなりの量のウイスキーがゴードン&マクファイルに購入され、その結果、ゴードン&マクファイルによるボトルが売り出された。これらの非常に古く、そして時には蒸留年付きのバージョンは、ジョージ&J.G.スミスのグレンリベット・ウイスキーであると表示されている。



ザ・グレンリベット、グレン・グラント、ロングモーン、そして、ブレンド会社のシーバスは、1977年に北アメリカ及び世界的規模の飲料品グループのシーグラムに買収された。以来、オフィシャル・ボトルが精力的に販売促進されてきている。



アメリカの巨大市場で最も販売量が多いシングルモルトであることから、ザ・グレンリベットは平凡なウイスキーであると思われているかもしれないが、実際は質感に富み複雑さがあるウイスキーである。このウイスキーは少し硬度の高い水で蒸留され、麦芽のピート香は軽いほうである。使用されるカスクの3分の1は、シェリーカスクだが、ファースト・フィルの割合はかなり少ない。
| モルトA to Z | 20:09 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 20:09 | - | - |











CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS