葉巻百貨<キューバ産・ドミニカ産・ホンジュラス産などの一般シガー>

「酒とシガーはビジネスのパスポート!」と言われる程、これまで世界中の偉人達が創りだした物語の中では、必ず酒とシガーが脇を固めています。このパスポートをあなたのブランディングスキルに、或いはあなたがこれから創る物語の脇役に加えていただければ光栄です。
<< テセロンに魅せられて | main | 夕べの酒〜黒い月にて〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
偉人達の物語〜森善朗〜
は?と思われた方もおられるだろうが、この方が偉人であるかどうか、或いは偉人であったかどうかはこれからの歴史が判断することであり、少なくとも弟85代、86代内閣総理大臣を務め上げた方に他ならない。当時から数々のエピソードを残してきたが、シガーにまつわるエピソードをひとつ!



 当時、森さんはある外国の要人からスーツケース一個分程の大量の高級シガーをいただいたそうです。うれしがり屋の森さんのことです。きっとこれ見よがしにその高級シガーを吸っておられたことでしょう。その紫煙の誘惑にのせられ、近づいてきた一人の議員がいました。麻生太郎氏(現外務大臣)です。麻生氏は森さんに向かって、「俺にもその高級シガーを一本吸わせてくれ!」と頼んだそうですが、森さんは「ダメ!総理大臣でなきゃ吸えない代物だから、君が総理大臣になったら吸わせてやる!」と一蹴したそうです。そんな事では引かない麻生氏は「だったら、必ず総理大臣になるから今吸わせてくれ!」とつめよったらしいのですが、結局森さんは吸わせてあげなかったそうです。



当時、一政治家であった麻生氏のモチベーションを駆り立てた森さんのブランディングテクニックも然ることながら、麻生氏を魅了したシガーの煙の香りはいったいどんなものだったのでしょうか・・・・・・・
| 偉人達の物語 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:13 | - | - |









http://ciger-dd.jugem.jp/trackback/7


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS