葉巻百貨<キューバ産・ドミニカ産・ホンジュラス産などの一般シガー>

「酒とシガーはビジネスのパスポート!」と言われる程、これまで世界中の偉人達が創りだした物語の中では、必ず酒とシガーが脇を固めています。このパスポートをあなたのブランディングスキルに、或いはあなたがこれから創る物語の脇役に加えていただければ光栄です。
<< 夕べの酒〜黒い月にて〜 | main | DAVIDOFF(ダビドフ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
COHIBA(コイーバ)
1968年創業のコイーバは、ハバナ・シガーの歴史の中では比較的新しいブランドである。にも関わらず、コイーバを取り巻く神話がこれほど多く存在することは驚きだ。例えば、「コイーバ」という名前そのものについて。「コイーバ」ハ原住民であるタイーノ・インディアンの間で、タバコを意味する言葉だったとかつて言われていた。だが現在では、シガーを意味する言葉だったという考えが一般的だ。また、その誕生にチェ・ゲバラが関わっていたというもの。エル・ラギート工場の社長室にはチェ・ゲバラの肖像画がかけられているかもしれないが、ゲバラはコイーバが誕生する前の1965年に産業大臣の職を辞し、同年10月には死亡していることから、彼がコイーバと何らかの関わりを持っていたとしても、それはほんのわずかな間のことだっただろう。最後に、コイーバはすべてエル・ラギートで作られているという伝説!これも過去20年以上にわたって事実だったが、今は違っている。


コイーバの起源に関する真実は、1994年6月から2004年までエル・ラギートの最高責任者を務めたエミリア・タマヨが語っている。すべては1960年代半ばに始まったと証言している。当日、フィデル・カストロのボディーガードの一人が、地元の職人に作らせたシガーを個人的に楽しんでいた。カストロがこのシガーを大変気に入ったことから、それを作ったエデュアルド・リベラいう人物は、カストレ専用にオリジナル・ブレンドのシガーを作るよう依頼された。そしてこの作業は、厳重な警備ののもと、ハバナ郊外のエル・ラギートにあったイタリア様式の大邸宅で行われることになった。


当初、このブランドには名前がなかったが、1968年にコイーバという名称がつけられ、カストロが個人的に気に入っていた3つのサイズ(ランセロ、コロナス・エスペシャル、バナテラ)の生産が開始された。3種類はいずれもそれまでにないサイズだったため、新たにラギートNo.1、   No.2、No.3というファクトリー・ネームがつけられた。


14年の間、この3種類のコイーバは、政府のトップが外交目的などに使用する以外は門外不出とされていた。しかし、1969年に自身のブランドを認可されたダビドフが、まず異なるブレンドを使ったコイーバと同じサイズのシガーをNo.1、No.2及びアンバサドリスとして発売した。続いて1970年代初期にはモンテクリストが、エスペシャル、エスペシャルNo.2及びジョイータと名付けた同様のサイズを発表した。


この時期を含め、26年間にわたってコイーバを統括したのは、1968年にリベラの後継者となったアベリーノ・ララだった。ララは、全員がトップクラスのシガー・ローラーだった4人兄弟の長男で、彼が定めた3つの原則が、コイーバを高級ブランドに、そして世界最高のシガーの地位に押し上げることになった。


第一に、ララは「選りすぐり中の選りすぐり」を要求する。ブエルタ・アバホで十指に入る畑からとれたタバコが彼の下に集められる。毎年、彼はラッパー、バインダー、リヘロ、セコ、ボラード用にそれぞれ最も優れた5種類の葉を自ら選ぶ。第二に、特別な三次発酵を行う。コイーバ独自の特徴であるこの工程は、リヘロとセコだけに適用される。水分を加えながら弛むの中で発酵させることにより、これらの葉からは、最後の一滴まで渋味が取り除かれる。エル・ラギート工場では、それはすべて女性だ。


1982年までにこの伝説的シガーの噂が広まると、これをスペイン国王や各国の国家元首ら以外にも提供しようという決定が下された。7年後、さらにエスプレンディード(チャーチル)、ロブスト、エクスクイジートの3つのサイズが登場した。長さ5インチ、リングゲージ36のエクスクイジートは、やはりそれまでにないサイズだった。この3つの中で、今もエル・ラギートで生産されているのはエクスクイジートだけで、残りの2つはH・アップマンとパルタガスで生産されている。


コロンブスがキューバでシガーを発見してから500年経ったのを記念して、リネア1492と呼ばれる5つのサイズが新たに登場した。これに伴い、6つの旧サイズはリネア・クラシカと呼ばれることになった。この後、ロンドンのクラリッジ・ホテルで開かれた豪華な晩餐会でお披露目された。コロンブスによる発見から5世紀が経ったことを記念してシグロ(世紀の意味)機↓供↓掘↓検↓垢般症佞韻蕕譴燭海譴蕕離轡ーは、今はもうキューバで生産されていないダビドフのシガーに、偶然とは思えないほどよく似ている。パルタガスで作られた5種類の新シリーズは、リネア・クラシカに比べて軽い味わいと言われる。リネア・クラシカは、特に大型のサイズでは類い稀な深い味わいが自慢である。


アメリカの一部のシガー・ショップでは、ドミニカ共和国産のコイーバが売られていることがある。これらは上述のシガーとは別物で、1980年代初期にコイーバという商標をアメリカで登録したジェネラル・シガーによるものだ。アメリカとキューバの間で貿易禁止措置撤廃の兆しがようやく見え始めたとき、コイーバをはじめとするあらゆるハバナ・ブランドがアメリカのシガー・ショップの棚にあふれかえると多くの人が信じたが、そうはならなたった。かわりに、商標をめぐる世界で最も複雑な争議が開始され、弁護士だけが高笑いすることになった。
| シガー・カタログ | 17:09 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 17:09 | - | - |











CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS